フレッツ光最安値

フレッツ光

光回線 キャンペーン

光回線

 

キャンペーン

 

光回線のキャッシュバックキャンペーンはどういったものがある?

 

注意すべきポイントは?

 

光回線の契約には、決まった的にキャッシュバックを行っているところがあります。

 

代理店経由のキャッシュバックキャンペーン。

 

高価なキャッシュバックのイベントは、サービス用意元のプロバイダーではなく、

 

代理店経由で行われている事が多々あるようです。

 

代理店経由で申し込んでももちろんながら供給されるインターネットの品質自体には

 

移ろいがないのです。

 

一方、こういったキャッシュバックキャンペーンは、適用前提を満たしていないとキャッシュバック対象外

 

になる事例や、前提によって実のところにもらえる値段に差がある時もあります。

 

各イベントの要件・中身を見定めしてから申請するようにしましょう。

 

他にも、どれほどの点に用心すべきか、具体的に解説します。

 

光回線・キャッシュバックキャンペーンで契約する場合の注意すべきポイント

 

直近で契約のインターネットを絶妙にキャンセルもし、現在契約している光回線もしくは

 

ADSLをキャンセルして、どこか多額なキャッシュバックキャンペーンで他の光回線と新規契約

 

しようと心積もりしている事例は、直近で契約のインターネットの取り止めコストが

 

かからないか如何にか参考にしましょう。

 

ありがちな、「自動更新計画(2年縛り)」だと更新月以外にキャンセルしようとすると

 

キャンセル金が必要になる事があります。

 

キャッシュバックで得するつもりが、結局キャンセル金をマイナスすると手元に戻った額はわずか!

 

だったらガッカリですね。

 

よく見極めしましょう。

 

「マックス」○○円キャッシュバックという表記になっていない?

 

光回線のキャッシュバックキャンペーンはどういったものがある?

 

注意すべきポイントは?

 

予定と違った!キャッシュバックの額が思っていたより少なかった・・・!

 

「最大限で」どんだけまでキャッシュバックという表記をみかけられます。

 

マックスという事は、それより額が安い確率も十分心積もりられます。

 

以下にも触れますが、光電話などのオプション付け足しなどが前提だったりしますので、

 

後でがっかりしないためにもよく検証しましょう。

 

光回線施工費・月額使用料が高くないか?

 

光回線の契約には、光回線光電話もかかります。

 

新規で光回線を契約する事例は言うまでもなく光ケーブルを引き込む施工が必要です。

 

なお、すでに光回線を使用していてもプロバイダーを変えると施工費がかかります。

 

万が一、この施工費が常識的より高かったら、これさらにキャッシュバックしてもらっても、

 

現実にバックしてもらえる代金は少なく、「だったら他のプロバイダーでも良かったかも。」

 

と腑に落ちない気分になるかもしれません。

 

加えて、もちろん光回線の月額使用料もよく参考にしてしまいましょう。

 

長期的に使用するのならば、単純に月額料金が安い光回線にすればよかった。

 

という事もありえます。

 

キャッシュバックの額だけを見ず、こういった見所もよく対比、参考にトータルで調査して

 

みるのが確実です。

 

キャッシュバックされる要件は達成している?

 

キャッシュバックの対象は、「ひかり電話やひかりTVなどのオプションをつけた人に限る」、

 

とか達成しなくてはいけない前提があるかもしれません。

 

不要なオプションはつけたくないですし、そもそもオプションをつけると、月次払う月額料金も

 

高くなってしまい、意味合いがないのです。

 

キャッシュバックしてもらうための要件も参考にしましょう。

 

特に、「auひかり」や「SoftBank光」、「ドコモ光」などケータイ・iPhoneとセットにすると、

 

世帯みんなのiPhone代が安価になる<!

 

というのが最大限のウリですが、こちらも光電話などのオプション契約が必須ですので、

 

覚えておいてください。

 

光回線のキャッシュバックとは話がずれましたが、素敵な特典がある時、なにか要件があるのは

 

常ですので煩わしいですが検証が必須です。

 

いつキャッシュがバックされるのか?

 

キャッシュバックは、直ちにしてもらえるとは限りません!

 

無論、インターネットが開通したら直ちににキャッシュバックしてくれるところもありますが、

 

事例によっては、開通してから数カ月後、更に自身から忘れずに申請しないと

 

もらえないというものも中には影響します。

 

ですので、いつもらえるかもよく参考にしておきましょう。

 

いずれにしてももらえるならいいじゃないかとも言えますが、もうに「お小遣い」が!

 

と思っていると、これそしてガッカリしてしまうかもしれません。

 

オンラインの取り止め前提は?

 

インターネット契約に限定しず、どういった契約でも「”入る”の手間なく、”出る”のが困難な」

 

性質にあります。

 

キャンセル金が高くないか、キャンセルするための要件が厳しくないか、キャンセルの連絡先が

 

みつけにくかったり、そのような残念や評判をみかける事もあります。

 

自動更新構想のオンライン契約は珍しい事ではないのですが、5年など長期の自動更新だと

 

長すぎると感じるかもしれませんね。

 

今後契約する・・・という時に、取り止めの事を調べるのも何となく煩わしいですが、

 

結局重要な秘訣ですのでよく検証しましょう。

 

公式サイト最大85,000円キャッシュバックor豪華人気商品プレゼント!【フレッツ光】

 


 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

フレッツ光 新規お申込み

page top